ご挨拶

「目に見えない商品を提供する私たちがすべきこと」

 2002年、私が新卒で保険業界に入ったとき、1998年の保険商品の自由化により保険会社間の価格とサービスの競争がスタートした直後でした。当時、練馬区を中心に飛び込み営業で多くの企業にご提案をして、新たな保険取引を多数頂きました。その時の数多くの経験が私の原点です。
 それから15年が経過した今、インターネットの普及によりお客さまは保険に関する情報を「好きなときに好きなだけ」手に入れることができます。今の時代に合わせた販売方法へのシフトさせていくと同時に、形の見えない保険を売る上で重要な「お客さまとの信頼関係」を大切にして行きたいと考えております。
 最後になりましたが、当社が1947年の創業から今日まで事業を続けてくることができたのは、お客さまとの繋がりがあってことです。これからも時代に合わせた変革を行いつつも、お客さまと共に100年繁栄し続ける企業を目指していきたいと考えています。


大東京保険サービス 代表取締役

『無料メルマガの登録』はこちら

代表取締役 大和 親英

■名前■大和 親英
■生年月日■1978年11年14日
■得意分野■
主に中小企業向けの賠償責任保険や企業財産包括保険(火災保険)など(特に建設業に関する保険)
■略歴■
北区立滝野川小学校⇒北区立飛鳥中学校⇒
都立北園高校⇒法政大学 システム制御工学科卒
大学卒業後、理系学科にも関わらず保険業界へ足を踏み入れる。 当初の2年間、保険会社に研修生として在籍し過酷な営業ノルマに追われる日々を過ごす。 社会の厳しさを体験しつつも、『人と触れ合う営業』に喜びとやりがいを感じ始める。 2009年9月に同社代表就任。